top of page

自身の現況_2

自身の現況に関連して、少し総論と各論の話をさせていただきます。総論ではその通りだ、そうあるべきだとの力強い方向になるのに、各論になると少し(だいぶ)トーンが落ちてしまう、よくある状況だと思います。例えば経済的に困窮している国の方々のためにもっと力にならなければならないよな、うんその通りだ、よしじゃあ一人3000円ずつ寄付をして何かの役に立ててもらおう、・・・・うーんちょっと考えてみるよ こんな具合ですかね。自分としては総論の間に自分が本当に具体的にできるのかな?このことをかなり意識していたつもりでしたが・・・・・。


会社を退職してわかったのですが、自分の中にも総論の自分と各論の自分がいたのですよ。具体的には、自分が自由に動きたくて(思った方向に)、何とか経済的にも成り立つはずだと準備して会社を退職しました。

これが総論です。

しかしながら今の自分の心境として

・社会との接点が少なることに(当然そうなることは予想できたはず)、多少の恐怖感を覚える

・経済的に、予想通りの状況になっているのに多少の焦りを覚える

これが各論です。

総論としての予想通りの展開になっているのに、各論として現実の中で直面すると戸惑っている自分に気づくのですよ。何回も言いますが予想していた展開なのですけどね。

一つ言えることは、会社に在籍していたからこそ多々社会との接点もあったし、収入もあったという認識が希薄になっていたのだと思います。いつのまにか自分にとって都合良い事や恩恵があることは当たり前感覚になってしまい、なぜそうなれているのかを謙虚に客観的に受け止めていなかったのですよ。


改めて、人間は自分に都合よく物事を解釈できる生き物であると感じています。

と同時に、社会との接点をたくさん保つためにも、趣味を気兼ねなく楽しむためにも一歩一歩前向きに頑張っていきます。


最新記事

すべて表示

社労士業務が約2年過ぎて今感じること

社労士業務に携わらしていただいて約2年が過ぎようとしております。 おかげさまで、単発のお仕事はいくつかいただけるようになり、自身の知識のレベル、知識の幅が現在どのぐらいのものなのか、なんとなくですが自分なりの把握ができるようになりました。60歳を過ぎての見習いであるという意識はもっておりましたので、全くわからない分野はそのことをしっかり受け止めて、自分なりに確認したり指導を仰いだり、人に頭を下げた

明けましておめでとうございます 

明けましておめでとうございます。 社労士業務に携わらしていただいて約2年が過ぎようとしております。 1年あっという間ですね。年々強く感じます。 おかげさまで、単発のお仕事はいくつかいただけるようになりました。 今年の目標の一つとして、定期的に岡村を必要としていただける会社様が1社確立できればと考えております。 本年もよろしくお願いいたします。

「会社ってなに」・・・・・・・―最終

今回も、「岡村さん、会社って何なんなんですか わからなくなりましたよ」 そのような相談をされた時の最終話です。 ~~でも事柄に対し会社組織は方向性を示し、何らかの判断をしなければならない。会社組織において決定権を有している立場にいる人が、簡単に正解などない(存在しない)事柄に対し、いろいろな状況、いろいろな意見を踏まえた上で、判断し決定する。((これは小さい声で)それだけなんですよ) 若い方にこの

bottom of page