top of page

自分が持っている恵まれた部分について

今回はまず、若いころによくやった麻雀から話をさせていただきます。

麻雀は将棋等と違い、自分が有している力量や経験等の他に、その時の運(ツキ)が勝ち負ける決める重要な要素となっていると思っています。(異存はあるかもしれませんが)

私も負けることの方が多かったのですが、勝つときもありました。負けた時は「あぁーあ、ついてないな」等とよく嘆いていましたが、勝った時はどちらかというと、ツキではなく自分の実力で勝ったように思っていたような気がします。極端に言うと、負けた時はツキがなかったから、勝った時は自分の実力が大きな要素を占めていたからと(麻雀は運が重要な要素になるとの前提で)

勝手なものですよね。


これ、人生にも当てはまるような気がします。特に自分が持っている恵まれた部分について。

自分にとって良い部分は、いつのまにか認識しなくなってしまうというか、当たり前になってしまうというか・・・・・・・。人だけでなく物においてもです。

当たり前にあったはずの自分にとって良い部分が無くなって、改めて(初めて)、それがどんなに自分にとって恵まれた部分だったのかを認識する もしかしたらよくある話かもしれません。

この年になってようやく、このようなことを感じながら物事を見つめようとの気持ちを持ち始めることができたかなと思っています。


最新記事

すべて表示

魚がいない?

私は子供の頃から釣りが好きで、よく近くの海に出かけていました。この10年間ぐらいはご無沙汰しておりまして、というのも、車で海が見える道を通ってもほとんど釣りをされている方がおらず、釣れていないのかなって感じだったのですが、時間があることもあり久しぶりにキスを狙って出かけてみました。海岸に着くと海はおだやかでしたが、他に釣りをしてる方はほとんど居りません。それでも釣りを開始したのですが、何も釣れませ

経営者について

先日、昔から知り合いのちょっとした経営者と世間話をする機会がありました。社長さん曰く、「働いてくれている社員がいるからな、少しでも良くしようと頑張っているけど、お前な(幼馴染)、世間が思ってるほど社長業ってよくないぞ、大企業の社長さんは別だろうけどな」って、正直な人手で全部を真に受けることはできませんが、今の日本の状況や自分なりの私見から話の内容に共感してしまう部分が多々ありました。 社長さんが話

再度ゴルフの話です

以前趣味の1つのヘタなゴルフの話をしましたが、今回もヘタなゴルフの話です。 前に、ゴルフにおいてこのことに気を付けようと頭で考えてやることは、2つが限度であるとの話をさせていただいた覚えがありますが、訂正いたします。無理です!1つが限度です。特に運動神経に難がある私には!ただお陰様で、欲張らず1つに絞ってラウンドするようになってから、ヘタなりにほんの少しスコアがまとまってきました。自分にとって今一

Comments


bottom of page