top of page

総論と各論について

今回は自分が経験したことも含め、総論と各論について、私見と嫌味も入れてお話させていただきます。

例えば、世界において貧困や紛争等により本当に命の危機にさらされている子供達のことを話題にしているとしましょう。「本当に大変な問題だ、国として皆で何とかしていかなければならない」 と声高々に力強く語る人がいます (総論です)

近くに、実際によく見かける援助団体等に自分のできる範囲で既に寄付をしている人がいて、このようなことを言います。「具体的に力になれることあるよ、やろうか、少しずつでいいから皆で寄付をするのだよ」(各論であり、一番役に立つ方法のはずです)

だいたい、総論を力強く語っていた人のトーンが落ちます。私見及び経験から、各論を既に実行している人は総論をあまり話しませんし、総論を力強く語る人は、総論と各論の実効力において、多少温度差がある場合が多いような気がします。


 これに類似することで、もう一つお話します。ある物事や予定を「いつでもできるや 又は いずれやろう」と考えることがありますよね。これ、だいたいずっとやりませんよ。私自身がそうでしたから!ある意味、物事や予定を先送りして自分を納得させる結論のような気がします。また現実的に、人は今の自分の状況を前提にして物事を考えがちですが、5年後10年後の自分は、心身の健康や気力において、同じレベルにいれるとは決して限りませんので!

最新記事

すべて表示

社労士業務が約2年過ぎて今感じること

社労士業務に携わらしていただいて約2年が過ぎようとしております。 おかげさまで、単発のお仕事はいくつかいただけるようになり、自身の知識のレベル、知識の幅が現在どのぐらいのものなのか、なんとなくですが自分なりの把握ができるようになりました。60歳を過ぎての見習いであるという意識はもっておりましたので、全くわからない分野はそのことをしっかり受け止めて、自分なりに確認したり指導を仰いだり、人に頭を下げた

明けましておめでとうございます 

明けましておめでとうございます。 社労士業務に携わらしていただいて約2年が過ぎようとしております。 1年あっという間ですね。年々強く感じます。 おかげさまで、単発のお仕事はいくつかいただけるようになりました。 今年の目標の一つとして、定期的に岡村を必要としていただける会社様が1社確立できればと考えております。 本年もよろしくお願いいたします。

「会社ってなに」・・・・・・・―最終

今回も、「岡村さん、会社って何なんなんですか わからなくなりましたよ」 そのような相談をされた時の最終話です。 ~~でも事柄に対し会社組織は方向性を示し、何らかの判断をしなければならない。会社組織において決定権を有している立場にいる人が、簡単に正解などない(存在しない)事柄に対し、いろいろな状況、いろいろな意見を踏まえた上で、判断し決定する。((これは小さい声で)それだけなんですよ) 若い方にこの

bottom of page