top of page

経験に関連した事柄について

会社在籍時、総部に属している人間は何でも経験していると思われがちで(事実多少そういう面はあるかなと思いますが)

何かその方にとって新しい方面になる分野の依頼をすると

「岡村 お前の方がいろいろ経験してるじゃないか、お前がやってくれよ」

「岡村さん 私この方面は全く経験がないので、誰か他の経験ある方にお願いして下さい」

等と言われることがままありました。


皆さまご承知のように、初めから「経験」を有している方は誰もおりません。持って生まれたスキルやお金で買えるものでもありません。私もそうです。(仕方なく)慣れない分野を体験して、体験して、いつの間にか「経験」というものに置き換わったのではないかと考えております。

では、なぜ一般的に大多数の方は新しい分野に踏み込むことに二の足を踏むのでしょう。率直に羅列すると

・ベースとなるスキルや知識不足が露呈してしまう

・新しい分野に対応できる自分を確立するには、相当な労力と時間がいる

・自分としては新しい分野なのに、何かあった時に責任を負わされてしまう

・その分野に精通している方からの指摘やアドバイスにプライドが許さない

まぁこんなところでしょうかねー・・・・、それほど的外れとは思いません、私自身がそうでしたから!


さて、自分は今年度些細ですけど、新しい分野の実務募集に多少応募させていただきました。

60歳過ぎてますので、知識と実務能力のベクトルは決して同一ではないということは重々理解しております。60歳過ぎてますが、新しい分野に踏み込むことへの恐怖心はありますよ、余計にね!

では、なぜ60歳過ぎて新しい分野をかじろうとするのでしょうかねー。プライドより自己完結したい想いがちょっとだけ勝ってるのかなとも思うし、かえって自分なりのプライドの表れかなとも思います。

最新記事

すべて表示

「自分の経験や体験」 とっても大事だけど・・・・・・・

私の知り合いで、私は昨年経験している仕事を今年初めてやられる人から連絡がきました。やはり初めてやることは相当不安なようで(対価をいただいての仕事ですので特に)、いろいろあれは、これはと尋ねてきました。当然できるだけ丁重にお答えいたしましたが、質問の中には先方に行けば当然確認できる内容も多くありました。その方も60歳を過ぎておりますが、改めて初めて経験することに対して若干なりとも恐怖心を抱くのは私だ

魚がいない?

私は子供の頃から釣りが好きで、よく近くの海に出かけていました。この10年間ぐらいはご無沙汰しておりまして、というのも、車で海が見える道を通ってもほとんど釣りをされている方がおらず、釣れていないのかなって感じだったのですが、時間があることもあり久しぶりにキスを狙って出かけてみました。海岸に着くと海はおだやかでしたが、他に釣りをしてる方はほとんど居りません。それでも釣りを開始したのですが、何も釣れませ

経営者について

先日、昔から知り合いのちょっとした経営者と世間話をする機会がありました。社長さん曰く、「働いてくれている社員がいるからな、少しでも良くしようと頑張っているけど、お前な(幼馴染)、世間が思ってるほど社長業ってよくないぞ、大企業の社長さんは別だろうけどな」って、正直な人手で全部を真に受けることはできませんが、今の日本の状況や自分なりの私見から話の内容に共感してしまう部分が多々ありました。 社長さんが話

Komentarze


bottom of page