top of page

私なりのモチベーション

今回は、会社在籍時前半の売れない営業マン時代のことをお話させていただきます。

(多少は売れていた時期もございました)

私は、会社に入社して40歳ころまで営業マンとして活動しておりました。前述の通りどちらかというとあまり売れない営業マンでしたが、今振り返りますと一番精神的にきつい思いも多々しましたが、多少なりともやりがいを感じることをできた時期でした。

では私なりに苦しい中どのようにモチベーションを上げ保とうとしていたのかということですが、その前に社会における前提条件について、私なりの考えをお話しさせていただきます。


営業マンである以上、自分の数字における達成率、前年対比率等が評価に大きく影響します。これは当然です。しかしながらその土台となるベースはどうでしょうか?

学生時代におけるテストでしたら、回答する問題(ベース)は皆一緒ですので、ある意味公平な基準の中で優劣が生じます。では社会ではどうでしょうか?営業を例にとっても、部門の違いもある、同じ部門でも個々エリアが違う、同じ部門、同じエリアでもその時代により条件が違ってくる そうなのです、社会では個々ベースが違う条件において、いろいろな事柄(例えば評価)が検討、判断されていくのです。

だから大変なのです。

検討、判断する会社組織も本当に大変ですよ。

社員も大変です。

私も大変でした。何とか実績を残したいと思うからこそ、部門が悪い・エリアが悪い等と

思う時もありました。

これは営業だけでなく会社員だけでなく、社会全体に共通する事柄だと考えます。


では私は具体的にどのようにして、モチベーションを上げ保とうとしていたのか?

次回お話させていただきます。

最新記事

すべて表示

経営者について

先日、昔から知り合いのちょっとした経営者と世間話をする機会がありました。社長さん曰く、「働いてくれている社員がいるからな、少しでも良くしようと頑張っているけど、お前な(幼馴染)、世間が思ってるほど社長業ってよくないぞ、大企業の社長さんは別だろうけどな」って、正直な人手で全部を真に受けることはできませんが、今の日本の状況や自分なりの私見から話の内容に共感してしまう部分が多々ありました。 社長さんが話

再度ゴルフの話です

以前趣味の1つのヘタなゴルフの話をしましたが、今回もヘタなゴルフの話です。 前に、ゴルフにおいてこのことに気を付けようと頭で考えてやることは、2つが限度であるとの話をさせていただいた覚えがありますが、訂正いたします。無理です!1つが限度です。特に運動神経に難がある私には!ただお陰様で、欲張らず1つに絞ってラウンドするようになってから、ヘタなりにほんの少しスコアがまとまってきました。自分にとって今一

社労士業務が約2年過ぎて今感じること

社労士業務に携わらしていただいて約2年が過ぎようとしております。 おかげさまで、単発のお仕事はいくつかいただけるようになり、自身の知識のレベル、知識の幅が現在どのぐらいのものなのか、なんとなくですが自分なりの把握ができるようになりました。60歳を過ぎての見習いであるという意識はもっておりましたので、全くわからない分野はそのことをしっかり受け止めて、自分なりに確認したり指導を仰いだり、人に頭を下げた

Comments


bottom of page