私なりのモチベーション

今回は、会社在籍時前半の売れない営業マン時代のことをお話させていただきます。

(多少は売れていた時期もございました)

私は、会社に入社して40歳ころまで営業マンとして活動しておりました。前述の通りどちらかというとあまり売れない営業マンでしたが、今振り返りますと一番精神的にきつい思いも多々しましたが、多少なりともやりがいを感じることをできた時期でした。

では私なりに苦しい中どのようにモチベーションを上げ保とうとしていたのかということですが、その前に社会における前提条件について、私なりの考えをお話しさせていただきます。


営業マンである以上、自分の数字における達成率、前年対比率等が評価に大きく影響します。これは当然です。しかしながらその土台となるベースはどうでしょうか?

学生時代におけるテストでしたら、回答する問題(ベース)は皆一緒ですので、ある意味公平な基準の中で優劣が生じます。では社会ではどうでしょうか?営業を例にとっても、部門の違いもある、同じ部門でも個々エリアが違う、同じ部門、同じエリアでもその時代により条件が違ってくる そうなのです、社会では個々ベースが違う条件において、いろいろな事柄(例えば評価)が検討、判断されていくのです。

だから大変なのです。

検討、判断する会社組織も本当に大変ですよ。

社員も大変です。

私も大変でした。何とか実績を残したいと思うからこそ、部門が悪い・エリアが悪い等と

思う時もありました。

これは営業だけでなく会社員だけでなく、社会全体に共通する事柄だと考えます。


では私は具体的にどのようにして、モチベーションを上げ保とうとしていたのか?

次回お話させていただきます。

最新記事

すべて表示

前回、人間最後はどれだけ「自己満足感」を感じることができているか、それを如何に保つことができているかが一番大切であるのではないかとお話させていただきました。 しかしながら人は他人からの賞賛や、社会・会社における地位等を欲しがりますね!なぜでしょう? 以前に自分のモチベーションを上げることは自分自身でしかなく、人はそのお手伝いをすることができる(お手伝いをすることしかできない)とお話しました。そのこ

今回も前回の続きで、モチベーションのことについてお話させていただきます。 前回お話させていただきましたが営業マン在籍時、私はありがたくうれしいですけど先方が勝手にくれた100万円の売上よりも、自分自身が行動したことによって発生した3万円の売上を重要視しようと心がけてきました。繰り返しになりますが、このことは自分自身の中でしかわからない部分ですし、会社は基本全く評価しません。それでも私自身がモチベー

今回は会社在籍時前半の売れない営業マンの時、私自身がどのようにしてモチベーションを上げ保とうとしていたかを具体的にお話させていただきます。 前回お話させていただきましたが、社会においては個々のベースの条件が異なりますので、公正さにおける不公平が生じます。 そのような中で私自身が営業職としてどのようにしてモチベーションを上げ保とうとしていたか、結論として売上金額ではなく、売上内容の質を重要視しようと