top of page

確かな正解ってあるの?

今回は、社会において物事を決定するにあたり、数学みたいに確かな正解があることは少ないんじゃないかな との私なりの想いを述べさせていただきます。


会社組織は重要な役目として、絶えず物事を判断したり、方向性を決定しなければなりません。これは疑いのない事実です。ではこの判断、決定において、数学みたいに確かな正解というものがあるのでしょうか?

私はこのような話になるとよく「出されたラーメン」を例にします。

グループでラーメン屋さんに行き、ラーメンが出てきました。皆で食べました。おいしいと感じる人もいるし、私はちょっという人もいるでしょう。また同じ人であっても運動して汗をかいた後と、体調がちょっとの時とでは感じ方が違うでしょう。ここには数学みたいに確かな正解はありません。

社会、会社組織において議論する議題も、上記に共通する部分がかなりあるのではないかと考えます。しかしながら当然結論なり方向性を決定しなければなりません。

会社組織の法則に基づき、物事は判断、決定されます。これは当然です。

では何が言いたいかというと、議論する過程や決定事項を社員に伝達するにあたり、言い方ひとつで社員のモチベーションに差が生じるのではないかということです。


皆で議論してきたことを決定するにおいて

「会社の判断として~~が正解である」

一時期流行った正義中毒に共通する部分も覚えます。

これよりも

「会社組織として今回は~~とする」

どうでしょう 言い方ひとつですけど、この方が社員の理解度、納得度、モチベーシーヨンアップに寄与するのではないでしょうか?

私が会社在籍時、前半は売れない営業マン、後半は総務としていろいろな人の意見を聞いてきたから余計にそのように思うのかもしれませんが、言い方・表現方法ひとつで受け取る側には大きく変化して伝わることは確かだと感じています。


次回は、前半の売れない営業マン時代のことを話させていただきます。


最新記事

すべて表示

経営者について

先日、昔から知り合いのちょっとした経営者と世間話をする機会がありました。社長さん曰く、「働いてくれている社員がいるからな、少しでも良くしようと頑張っているけど、お前な(幼馴染)、世間が思ってるほど社長業ってよくないぞ、大企業の社長さんは別だろうけどな」って、正直な人手で全部を真に受けることはできませんが、今の日本の状況や自分なりの私見から話の内容に共感してしまう部分が多々ありました。 社長さんが話

再度ゴルフの話です

以前趣味の1つのヘタなゴルフの話をしましたが、今回もヘタなゴルフの話です。 前に、ゴルフにおいてこのことに気を付けようと頭で考えてやることは、2つが限度であるとの話をさせていただいた覚えがありますが、訂正いたします。無理です!1つが限度です。特に運動神経に難がある私には!ただお陰様で、欲張らず1つに絞ってラウンドするようになってから、ヘタなりにほんの少しスコアがまとまってきました。自分にとって今一

社労士業務が約2年過ぎて今感じること

社労士業務に携わらしていただいて約2年が過ぎようとしております。 おかげさまで、単発のお仕事はいくつかいただけるようになり、自身の知識のレベル、知識の幅が現在どのぐらいのものなのか、なんとなくですが自分なりの把握ができるようになりました。60歳を過ぎての見習いであるという意識はもっておりましたので、全くわからない分野はそのことをしっかり受け止めて、自分なりに確認したり指導を仰いだり、人に頭を下げた

Comments


bottom of page