会社って何?

総務在籍時、よく若い世代の社員から「岡村さん 会社って何?」って聞かれることが多くありましたし、多くなってきました。

この「会社って何?」についてお話いたします。





「会社のために」

「会社としての正しい判断を」

「会社としてどうすべきか」

よくあるフレーズですし、私も意識もせず使っていた記憶があります。

この「会社」ってなんでしょう?

私はよくも悪くも、あまり波風を立てない玉虫色の言葉ではないかと感じます。

それも私のような経験のある世代(年とった古い世代)には、感覚的にも経験的にも受け入れやすい言葉かなと!

少々矛先を変えます。国の根本的な運用に三権分立というものがあります。立法・行政・司法 が個々に独立し、お互いを尊重し、またお互いを監視するシステムだと理解しております。

これを会社に置き換えてみると、「経営者・社員(労働者)・株主」となるのではないでしょうか。

本来はその時の議題、状況により、「経営者 又は 社員(労働者) 又は株主」と表現した方がわかりやすいのに、そう表現してしまうと他の二つに大なり小なりの波風が立ってしまう。

「会社」と表現することにより、他の二つにも配慮する大変使い勝手がよい(直線的ですが)言葉ではないかと思います。

「会社」という言葉が持つ意味は、その時の議題、状況(周りの景色といたしましょう)により変幻自在に変化するカメレオンのようなものって言った方がわかりやすいかもしれません。

今回「会社って何?」について私なりの見解をお話させていただきました。

次回は、若い世代の社員が疑問に思い悩むことが多い現実を踏まえ、こうした方が物事が一歩前に進むのではないかという私なりの想い・私見をお話させていただきます。

最新記事

すべて表示

前回、人間最後はどれだけ「自己満足感」を感じることができているか、それを如何に保つことができているかが一番大切であるのではないかとお話させていただきました。 しかしながら人は他人からの賞賛や、社会・会社における地位等を欲しがりますね!なぜでしょう? 以前に自分のモチベーションを上げることは自分自身でしかなく、人はそのお手伝いをすることができる(お手伝いをすることしかできない)とお話しました。そのこ

今回も前回の続きで、モチベーションのことについてお話させていただきます。 前回お話させていただきましたが営業マン在籍時、私はありがたくうれしいですけど先方が勝手にくれた100万円の売上よりも、自分自身が行動したことによって発生した3万円の売上を重要視しようと心がけてきました。繰り返しになりますが、このことは自分自身の中でしかわからない部分ですし、会社は基本全く評価しません。それでも私自身がモチベー

今回は会社在籍時前半の売れない営業マンの時、私自身がどのようにしてモチベーションを上げ保とうとしていたかを具体的にお話させていただきます。 前回お話させていただきましたが、社会においては個々のベースの条件が異なりますので、公正さにおける不公平が生じます。 そのような中で私自身が営業職としてどのようにしてモチベーションを上げ保とうとしていたか、結論として売上金額ではなく、売上内容の質を重要視しようと