top of page

会社って何?

総務在籍時、よく若い世代の社員から「岡村さん 会社って何?」って聞かれることが多くありましたし、多くなってきました。

この「会社って何?」についてお話いたします。





「会社のために」

「会社としての正しい判断を」

「会社としてどうすべきか」

よくあるフレーズですし、私も意識もせず使っていた記憶があります。

この「会社」ってなんでしょう?

私はよくも悪くも、あまり波風を立てない玉虫色の言葉ではないかと感じます。

それも私のような経験のある世代(年とった古い世代)には、感覚的にも経験的にも受け入れやすい言葉かなと!

少々矛先を変えます。国の根本的な運用に三権分立というものがあります。立法・行政・司法 が個々に独立し、お互いを尊重し、またお互いを監視するシステムだと理解しております。

これを会社に置き換えてみると、「経営者・社員(労働者)・株主」となるのではないでしょうか。

本来はその時の議題、状況により、「経営者 又は 社員(労働者) 又は株主」と表現した方がわかりやすいのに、そう表現してしまうと他の二つに大なり小なりの波風が立ってしまう。

「会社」と表現することにより、他の二つにも配慮する大変使い勝手がよい(直線的ですが)言葉ではないかと思います。

「会社」という言葉が持つ意味は、その時の議題、状況(周りの景色といたしましょう)により変幻自在に変化するカメレオンのようなものって言った方がわかりやすいかもしれません。

今回「会社って何?」について私なりの見解をお話させていただきました。

次回は、若い世代の社員が疑問に思い悩むことが多い現実を踏まえ、こうした方が物事が一歩前に進むのではないかという私なりの想い・私見をお話させていただきます。

最新記事

すべて表示

あけましておめでとうございます。 今後、労働者の待遇面がどのように変化していくのか? 前回お話させていただいた内容に沿った、より具体的な私見を述べさせていただきます。 終身雇用前提のメリットがなくなること、それと前回お話させていいただいた「今現在あなたは何ができますか?今現在どのようなスキルを有していますか?」将来でなく今 このような尺度を反映させれば、世間でよく言う「能力主義型」になりますね。

今後労働者の待遇面がどのようになって変化していくのか? 前回、「もう終身雇用にこだわらなくていいのですよ」と国が公式に認め推奨し始めており、自分の価値をより高く評価してくれるところにためらいなく移る、副業して副業の方が自分のモチベーションが上がりやりがいを感じられるなら副業を本業にする流れが加速するのではないかとお話しました。 少し話を変えます。現在多くの会社が、若年層の社員に期待を込め待遇を厚く

会社の中で総務として20年間従事してきたこと、社労士として現在携わらしていただいていることに関連して、これからの日本の雇用形態について私見をお話させていただきます。 過去において日本の躍進を支えてきた終身雇用に疑問符がついてから、相当な時間が経過してきている気がします。残念ながら現在の日本は、生産性においても個人の所得面においても世界の中で上位の位置づけにはありません。 これを打開すべく政府は大き

bottom of page