モチベーションについて 続編

今回も前回の続きで、モチベーションのことについてお話させていただきます。


前回お話させていただきましたが営業マン在籍時、私はありがたくうれしいですけど先方が勝手にくれた100万円の売上よりも、自分自身が行動したことによって発生した3万円の売上を重要視しようと心がけてきました。繰り返しになりますが、このことは自分自身の中でしかわからない部分ですし、会社は基本全く評価しません。それでも私自身がモチベーションを上げ保つためにそうしてきました。


極論の私見ですが、人間最後はどれだけ「自己満足感」を感じることができているか、それを如何に保つことができているかが一番大切であると感じております。そのことができている人が一番強く一番幸せではないかなと思います。


私は今よりも「自己達成感」や「自己完結感」を得たいために60歳にてこのような道を選択しました。これは、私も「自己満足感」をもっと得たいためにと言い換えることができます。

しかしながら人は他人からの賞賛や、社会・会社における地位等を欲しがりますね。私もそうですよ!明らかに矛盾してますね。

次回はこのことについてお話させていただきます。

最新記事

すべて表示

前回、人間最後はどれだけ「自己満足感」を感じることができているか、それを如何に保つことができているかが一番大切であるのではないかとお話させていただきました。 しかしながら人は他人からの賞賛や、社会・会社における地位等を欲しがりますね!なぜでしょう? 以前に自分のモチベーションを上げることは自分自身でしかなく、人はそのお手伝いをすることができる(お手伝いをすることしかできない)とお話しました。そのこ

今回は会社在籍時前半の売れない営業マンの時、私自身がどのようにしてモチベーションを上げ保とうとしていたかを具体的にお話させていただきます。 前回お話させていただきましたが、社会においては個々のベースの条件が異なりますので、公正さにおける不公平が生じます。 そのような中で私自身が営業職としてどのようにしてモチベーションを上げ保とうとしていたか、結論として売上金額ではなく、売上内容の質を重要視しようと

今回は、会社在籍時前半の売れない営業マン時代のことをお話させていただきます。 (多少は売れていた時期もございました) 私は、会社に入社して40歳ころまで営業マンとして活動しておりました。前述の通りどちらかというとあまり売れない営業マンでしたが、今振り返りますと一番精神的にきつい思いも多々しましたが、多少なりともやりがいを感じることをできた時期でした。 では私なりに苦しい中どのようにモチベーションを