top of page

これからの雇用形態について_最終

あけましておめでとうございます。


今後、労働者の待遇面がどのように変化していくのか?

前回お話させていただいた内容に沿った、より具体的な私見を述べさせていただきます。

終身雇用前提のメリットがなくなること、それと前回お話させていいただいた「現在あなたは何ができますか?現在どのようなスキルを有していますか?」将来でなく このような尺度を反映させれば、世間でよく言う「能力主義型」になりますね。

良く使われる給与と年齢を軸とした平均対比グラフは、多少勤続貢献を考慮してもかなりフラットに近い形になります。

これに前回お話させていただいたもう一つの 現有社員の流出の防止若しくはダメージを最小限にする を反映させると、一般的に若年層の方を厚くしますので(今までのように将来に期待してではない)、グラフはよりフラットに近い形になります。

但し、グラフはあくまで平均値であり、個人個人の位置づけは、今までとは比べ物にならないぐらい上下にバラつきます。

自身で推察した根拠に基づいた結論ですが、結果、世間でよく言う「日本型能力主義」になりますかね-。


これからどうなっていくのか まとめます。

① 若年者にとっては勤続というハンデはなくなります やる気があり能力を具現化できる方はやりがいのある待遇を得られるでしょう。但し将来への期待というアドバンテージは薄れますので、若年者というだけのメリットは現在より薄れるでしょう。

② 働き盛りの年齢の方(背負っているものが多い中年齢者)にはより厳しい体系になるでしょう。勤続のメリットは薄れ、背負っているものが多いという属人的環境に起因する恩恵も薄れるでしょう。経験も積み、心身ともに最大限能力を発揮できるはずだとの見方をされますが、もしこれを具現化できればより満足できる待遇を得られるでしょう。

③ 高齢者にとってはある意味チャンスだと考えます。一律に引き下げられた(はずの)ハードルがある程度低くなり、他の年齢層に劣らない能力を具現化できている方は、他の年齢層とそれほど変わらない待遇を得られるでしょう。但し私は、気力と体力は年齢と共に減少すると考えて(感じて)います。能力の具現化を維持することは相当な努力が必要なはずです。


さて、高齢にて個人事業主を始めた私にとっても、ある意味チャンスかもしれません。

1年間精一杯務めてみようと考えております。

今年もよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

会社在籍時、総部に属している人間は何でも経験していると思われがちで(事実多少そういう面はあるかなと思いますが) 何かその方にとって新しい方面になる分野の依頼をすると 「岡村 お前の方がいろいろ経験してるじゃないか、お前がやってくれよ」 「岡村さん 私この方面は全く経験がないので、誰か他の経験ある方にお願いして下さい」 等と言われることがままありました。 皆さまご承知のように、初めから「経験」を有し

最近昔のことをよく思い出すようになりました。昔のことの夢もたまに見るようになりました。そんな年になったのだなと感じます。 まぁ良かった事も悪かった事もたくさんあります。 でも思い出すのは後悔することが多いのですよ。(以前にもお話しましたが、良い事は当たり前になりがちですからね) それと共に同年代の方々で、人の人生を語ることが多くなってきたなと感じるようになりました。ここがあの人の良いところだと・・

今回はまず、若いころによくやった麻雀から話をさせていただきます。 麻雀は将棋等と違い、自分が有している力量や経験等の他に、その時の運(ツキ)が勝ち負ける決める重要な要素となっていると思っています。(異存はあるかもしれませんが) 私も負けることの方が多かったのですが、勝つときもありました。負けた時は「あぁーあ、ついてないな」等とよく嘆いていましたが、勝った時はどちらかというと、ツキではなく自分の実力

bottom of page