これからの雇用形態について

会社の中で総務として20年間従事してきたこと、社労士として現在携わらしていただいていることに関連して、これからの日本の雇用形態について私見をお話させていただきます。

過去において日本の躍進を支えてきた終身雇用に疑問符がついてから、相当な時間が経過してきている気がします。残念ながら現在の日本は、生産性においても個人の所得面においても世界の中で上位の位置づけにはありません。

これを打開すべく政府は大きな方向転換を打ち出しています。労働の移動、労働の流動化を推奨し、副業を認め始めました。(私は国として認めた大きな方向転換だと感じております)

会社としても労働者としても、「もう終身雇用にこだわらなくていいのですよ」ということであり、自分の価値をより高く評価してくれるところにためらいなく移る、副業して副業の方が自分のモチベーションが上がりやりがいを感じられるなら副業を本業にする、これから加速度がついてこのようになっていく気がします。

なにせ国が公式に認め推奨し始めているのですから。

少子高齢化、労働人口の減少の下、会社は採用面ばかりでなく、有能な現有社員の確保のため待遇面等の改善、若しくは大きな方向転換を検討していきます。当然、これが政府の大きな狙いの一つのはずです。


ここまでは皆さんの多くが感じていること、考えていることを書き出したにすぎません。ではこのような状況を踏まえ、今後労働者の待遇面がどのようになって変化していくのか?

次回、岡村なりの私見をお話させていただきます。


最新記事

すべて表示

自身の現況に関連して、少し総論と各論の話をさせていただきます。総論ではその通りだ、そうあるべきだとの力強い方向になるのに、各論になると少し(だいぶ)トーンが落ちてしまう、よくある状況だと思います。例えば経済的に困窮している国の方々のためにもっと力にならなければならないよな、うんその通りだ、よしじゃあ一人3000円ずつ寄付をして何かの役に立ててもらおう、・・・・うーんちょっと考えてみるよ こんな具合

還暦を過ぎてから全く白紙からの個人事業主になり、半年近くが過ぎました。 今回は、私自身の現況についてお話させていただきます。 当たり前ですが、自分の意志によって行動出来ています 想定内ですが、やはり自身のクライアント様等はまだ縁がありません ある仕事に関して声をかけてくださった方、受け入れてくれた(今の所ですが)団体様がございました 1. につきましては、そうなりたくて個人事業主になりましたが自

前回、人間最後はどれだけ「自己満足感」を感じることができているか、それを如何に保つことができているかが一番大切であるのではないかとお話させていただきました。 しかしながら人は他人からの賞賛や、社会・会社における地位等を欲しがりますね!なぜでしょう? 以前に自分のモチベーションを上げることは自分自身でしかなく、人はそのお手伝いをすることができる(お手伝いをすることしかできない)とお話しました。そのこ