top of page

「会社って何?」最終

前回からの続きです。

「会社って何?」と多くの若手社員が真剣に考えています。

ですので、よく使われる「会社としての正しい判断を」という抽象的なフレーズから

「今回は経営者を最優先にした判断を」 

「今回は社員(労働者)を最優先にした判断を」 

「今回は株主を最優先にした判断を」   

「私が納得する判断を」 

と思い切って表現方法を変えてみたらどうでしょう!

少なくともこの方が、組織として物事を議論するにあたり、シンプルでわかりやすいし

物事が一歩でも半歩でも前に進むように感じます。

物事を真剣に考えている社員こそ、納得はせずとも、議論や投げかけられた事柄に対し理解はするはずです。納得しなくてもいいと思います。そこからより踏み込んだ議論に発展するのですから!

社員も主旨を理解した上で、自分の考えや想いをぶつけることができます。また社員は、組織としての最終決定事項は組織の序列が何より優先すると十分理解しています。

社会において物事を決定するにあたり、数学みたいに確かな正解があることは少ないと感じます。

ですので、趣旨を理解し、踏み込んだ議論を重ねた上で、組織として決定権を有する方が最終判断をする。

そのためには、スタートとしてよく使われる「会社としての正しい判断を」という抽象的なフレーズをより具現化した方が良いのではないかと私は切に感じます。


次回は、社会において物事を決定するにあたり、数学みたいに確かな正解があることは少ないとの私なりの想いを述べさせていただきます。

最新記事

すべて表示

魚がいない?

私は子供の頃から釣りが好きで、よく近くの海に出かけていました。この10年間ぐらいはご無沙汰しておりまして、というのも、車で海が見える道を通ってもほとんど釣りをされている方がおらず、釣れていないのかなって感じだったのですが、時間があることもあり久しぶりにキスを狙って出かけてみました。海岸に着くと海はおだやかでしたが、他に釣りをしてる方はほとんど居りません。それでも釣りを開始したのですが、何も釣れませ

経営者について

先日、昔から知り合いのちょっとした経営者と世間話をする機会がありました。社長さん曰く、「働いてくれている社員がいるからな、少しでも良くしようと頑張っているけど、お前な(幼馴染)、世間が思ってるほど社長業ってよくないぞ、大企業の社長さんは別だろうけどな」って、正直な人手で全部を真に受けることはできませんが、今の日本の状況や自分なりの私見から話の内容に共感してしまう部分が多々ありました。 社長さんが話

再度ゴルフの話です

以前趣味の1つのヘタなゴルフの話をしましたが、今回もヘタなゴルフの話です。 前に、ゴルフにおいてこのことに気を付けようと頭で考えてやることは、2つが限度であるとの話をさせていただいた覚えがありますが、訂正いたします。無理です!1つが限度です。特に運動神経に難がある私には!ただお陰様で、欲張らず1つに絞ってラウンドするようになってから、ヘタなりにほんの少しスコアがまとまってきました。自分にとって今一

Comments


bottom of page