「会社って何?」最終

前回からの続きです。

「会社って何?」と多くの若手社員が真剣に考えています。

ですので、よく使われる「会社としての正しい判断を」という抽象的なフレーズから

「今回は経営者を最優先にした判断を」 

「今回は社員(労働者)を最優先にした判断を」 

「今回は株主を最優先にした判断を」   

「私が納得する判断を」 

と思い切って表現方法を変えてみたらどうでしょう!

少なくともこの方が、組織として物事を議論するにあたり、シンプルでわかりやすいし

物事が一歩でも半歩でも前に進むように感じます。

物事を真剣に考えている社員こそ、納得はせずとも、議論や投げかけられた事柄に対し理解はするはずです。納得しなくてもいいと思います。そこからより踏み込んだ議論に発展するのですから!

社員も主旨を理解した上で、自分の考えや想いをぶつけることができます。また社員は、組織としての最終決定事項は組織の序列が何より優先すると十分理解しています。

社会において物事を決定するにあたり、数学みたいに確かな正解があることは少ないと感じます。

ですので、趣旨を理解し、踏み込んだ議論を重ねた上で、組織として決定権を有する方が最終判断をする。

そのためには、スタートとしてよく使われる「会社としての正しい判断を」という抽象的なフレーズをより具現化した方が良いのではないかと私は切に感じます。


次回は、社会において物事を決定するにあたり、数学みたいに確かな正解があることは少ないとの私なりの想いを述べさせていただきます。

最新記事

すべて表示

前回、人間最後はどれだけ「自己満足感」を感じることができているか、それを如何に保つことができているかが一番大切であるのではないかとお話させていただきました。 しかしながら人は他人からの賞賛や、社会・会社における地位等を欲しがりますね!なぜでしょう? 以前に自分のモチベーションを上げることは自分自身でしかなく、人はそのお手伝いをすることができる(お手伝いをすることしかできない)とお話しました。そのこ

今回も前回の続きで、モチベーションのことについてお話させていただきます。 前回お話させていただきましたが営業マン在籍時、私はありがたくうれしいですけど先方が勝手にくれた100万円の売上よりも、自分自身が行動したことによって発生した3万円の売上を重要視しようと心がけてきました。繰り返しになりますが、このことは自分自身の中でしかわからない部分ですし、会社は基本全く評価しません。それでも私自身がモチベー

今回は会社在籍時前半の売れない営業マンの時、私自身がどのようにしてモチベーションを上げ保とうとしていたかを具体的にお話させていただきます。 前回お話させていただきましたが、社会においては個々のベースの条件が異なりますので、公正さにおける不公平が生じます。 そのような中で私自身が営業職としてどのようにしてモチベーションを上げ保とうとしていたか、結論として売上金額ではなく、売上内容の質を重要視しようと