top of page

「会社ってなに」・・・・・・・―①

 在籍当時、職種柄若い社員から悩み等の相談も受けてきました。

少し昔話をします。私は子供時代を高度成長の真っ只中の時に過ごしてきました。日本自体のパイがどんどん大きくなって、一番勢いのある時代でした。子供心に明日はもっと大きくなる、明日はもっと明るくなると感じられた時代でした。今は逆のことを感じてしまう、そのような状況だと感じています。

物事を真剣に見つめ、真剣に考えている若い方、今もたくさんいますよ。世代間ギャップのような問題をとやかく言うつもりはありません。ただ物事を真剣に見つめ、真剣に考えているからこそ、時には暗い淵に足を取られそうになっている若い社員、少なからず見てきました。

 そのような若い社員からの質問で、何人か同じ質問をしてきました。なんでしょう?・・・・・・・・・題目にもあるように 「会社ってなに」 なんですよ!

「岡村さん、会社って何なんなんですか わからなくなりましたよ」

どうですか、究極の質問ですよね!

次回、岡村がどう答えていたか、全くの私見ですけどお話させていただきます。


最新記事

すべて表示

社労士業務が約2年過ぎて今感じること

社労士業務に携わらしていただいて約2年が過ぎようとしております。 おかげさまで、単発のお仕事はいくつかいただけるようになり、自身の知識のレベル、知識の幅が現在どのぐらいのものなのか、なんとなくですが自分なりの把握ができるようになりました。60歳を過ぎての見習いであるという意識はもっておりましたので、全くわからない分野はそのことをしっかり受け止めて、自分なりに確認したり指導を仰いだり、人に頭を下げた

明けましておめでとうございます 

明けましておめでとうございます。 社労士業務に携わらしていただいて約2年が過ぎようとしております。 1年あっという間ですね。年々強く感じます。 おかげさまで、単発のお仕事はいくつかいただけるようになりました。 今年の目標の一つとして、定期的に岡村を必要としていただける会社様が1社確立できればと考えております。 本年もよろしくお願いいたします。

「会社ってなに」・・・・・・・―最終

今回も、「岡村さん、会社って何なんなんですか わからなくなりましたよ」 そのような相談をされた時の最終話です。 ~~でも事柄に対し会社組織は方向性を示し、何らかの判断をしなければならない。会社組織において決定権を有している立場にいる人が、簡単に正解などない(存在しない)事柄に対し、いろいろな状況、いろいろな意見を踏まえた上で、判断し決定する。((これは小さい声で)それだけなんですよ) 若い方にこの

bottom of page